クチトレ>メニュー



口力向上トレーニング クチトレ

クチトレの目的

 

私たちが日常的に行っている食事や会話など、口で行っているさまざまな「こと」に、多くの人は興味や関心を持っています。しかし、口そのものに興味や関心を持っている人は少ないのでは?と思います。しかし私たちは口をとても信頼しているため、食べたいものを口に運ぶことができますし、会話によって想いを伝えることができます。常に安全に呼吸し、ひと晩中ぐっすり眠ることもできます。繊細な心の動きを表情で相手に伝えること、相手を知ることができ、もっと互いに理解できるようになります。さらに免疫力で身体を丈夫に維持することができます。このように口は、私たちが幸せを感じる多くの瞬間に、素晴らしい働きをしています。しかし、ひとたび口の力が低下すると、生きる力の低下を招いてしまいます。そして、それは残念なことに誰にでも起こる可能性があります。

 

そこで、これから先は日々の習慣によって、口の機能低下によって悲しい思い、辛い思いを誰も経験しない、そんな社会にしたいと開発しました。今日、クチトレに出会ってくださった皆様が、口に興味と関心を持ち、「口力向上」のためのトレーニングプログラム「クチトレ」で、笑顔の瞬間を増やしてくださることを願っています。

口力(クチリョク)について


口力(クチリョク)は、人の生きる基礎力となる「食事」「会話」「呼吸」「睡眠」「表情」「免疫力」といった口の機能を支える力のことを言います。「口に食物を入れ、よく噛んで、スムーズに飲み込む」食事を動作に変えて想像してみると、口の周りや口の中のさまざまな部分が複雑に動いていることに気づくことができます。ところが、口力が低下すると、食べこぼし、くちゃくちゃ食べ、丸呑み、ムセ等の不都合が起こってきます。そして口力の低下は、食事だけでなく連鎖的にさまざまな不都合を起こしていきます。

クチトレプログラムについて


クチトレプログラムは、「基本」を含む4つのエクササイズと継続支援ツールでできています。「基本のクチトレ」は、クチトレプラスという専用器具を用いて行います。器具を使うことで、年齢、障害、理解力等に関わらず、すべての人が安全で効果的に行うことができます。クチトレは、基本のエクササイズからスタートし、習熟度や一人ひとりの状態に合わせて個別のプログラムをつくることができます。また、クチトレの時間(3分間)、回数を管理し、写真で変化を確認できる専用の継続支援ツールの存在は、達成したい目標に近づく大きな力になることから、極めて重要なモチベーションツールです。そこでこれらすべてを総称し「クチトレプログラム」としました。

 

写真は基本のエクササイズ


 

基本のクチトレで使用する器具「クチトレプラス」

 

  • 年齢(生後6ヶ月頃から)性別、障害、理解力に関わらず誰でもできる。
  • 安全かつ手軽。
  • 1回の所要時間は、3分間。

 

  アドバイザー認定講座教材セット 

 


基本のエクササイズの負荷を上げる

アドバイザー認定講座教材セット

 

口や口周辺を動かす

口だけクチトレ

インストラクター

テキスト

 

自分で自由に口を動かせるようになったら

基本のクチトレと

全身運動

インストラクター

テキスト

 

日常生活の動作をクチトレと一緒に確認

筋を緩める

笑顔マッサージ

インストラクター

テキスト

 

硬くなったり固まってしまった筋を緩める

継続支援アプリ

笑顔日記

アドバイザー認定講座教材セット



クチトレプログラム

アドバイザー認定講座で習得できること:基本エクササイズと負荷を上げるエクササイズそれ以外のエクササイズ

インストラクター資格認定講座で習得できること:その他のエクササイズも習得し、指導方法を知る

*インストラクターは組み合わせて、一人ひとりに合ったプログラムをつくって指導することができます。


クチトレの効果を最大に

大切な3つのこと

正しい方法で行うこと


やり方は、効果に直結します。「正しくやっているように見える」ではなく、きちんと正しくやれるようになりましょう。

コツをポイントをつかめば、大丈夫。正しい方法は誰でもすぐに習得できます。

自分の変化に気づくこと


自分を知ることから始めましょう。客観的に自分を知ることは少し抵抗があるかもしれません。だけど自分のための行動で何が得られたのかに気づくためには自分を知ることが大切です。変化に気づいた時、同時に自分の中の可能性に気づき、可能性を知ることになり、それは自分への自信になっていきます。

支え合える仲間がいること


慣れると飽きる、これがクチトレの最大の課題です。人が元気でいること、笑顔でいることは、周りの人やその人を支えるコミュニティーを明るく元気にします。そう考えると、一人の人がやっているクチトレはみんなを幸せな気持ちにするのかもしれません。支え合える仲間がいることは何よりの力になります。



口に特別なケアは必要ない、って思っていませんか?

人は、生まれた時から口を使うことで自らを成長させ、生きる基礎力を獲得していきます。

乳幼児期にしっかり口を育てることはとても大切です。クチトレは赤ちゃんから始めることができます。(生後6ヶ月頃から)

加齢に伴い、口や口周辺の筋力が低下すると、口力も低下してしまいます。

軽いムセ、滑舌の低下、口呼吸、口周りのたるみ、笑顔の減少、これらは口力向上のトレーニングが必要なサインです。

高齢者の多くがオーラルフレイル(口の老いや衰え)による不都合を抱えています。

口力の低下は「しっかり噛んでスムーズに飲み込む」「聞き取って貰いやすい言葉で話す」「鼻で呼吸する」「質の良い睡眠」「優しく豊かな表情」「免疫力の維持」といった生きる基礎力を低下させてしまう可能性があります。



そこで、子どものうちに口をしっかり成長させ、十分な口腔機能を獲得すること、どの年齢においても口力を低下させないように自分自身でケアをしていくこと、高齢になっても、口の老いや衰えで生きる基礎力を低下させないように、あるいは改善のために口力向上トレーニングを行うことは、尊厳のある納得いく人生を自分らしくまっとうするために、とても重要です。


クチトレイニシアチブの講座なら、「正しい方法で行うこと」「自分の変化に気づくこと」「支え合える仲間」が得られ、達成したい目標へとしっかり歩みを進めていくことができます。詳しいことは講座のページをご覧ください。