組織について>メニュー



クチトレイニシアチブ


「クチトレイニシアチブ」は、任意団体として2021年3月に発足しました。世話人は、発起人の3名で、これまでの経験と知り得た知識で、メンバーをサポート致します。クチトレイニシアチブは、口力を高めることで、生きるための基礎力を高め、一人ひとりのウェルビーイングの実現を支える活動をしていきます。また、メンバーが互いに支え合い、学び合い、経験やスキルを磨きながら、新しい発想で未来を創造する場として、チームをメンバー全員で大切に育てていきたいと考えています。

世話人一同


発起人世話人からみなさまへ

代表世話人 畑中 麻里

(株)FFC代表取締役

九州大学医系地区部局観察研究倫理委員


ごあいさつ

皆様、こんにちは。

 

社会は、未曾有の混乱を経験し、新しいステージに入りました。自己免疫力にあらためてスポットがあたり、口と鼻をマスクで保護する日常が当たり前のエチケットとなり、口と鼻が守るべき大切な部分なのかをあらためて認識した方も多かったのではないでしょうか。

 

私が口と口の周りの筋肉が口の形態・環境・機能を支えていることを知ったのは、嚥下障害が社会の注目を浴び始めた10年以上も前でした。それから世話人の3人で、医学と教育の2つの分野を中心に、赤ちゃんから寝たきりの高齢者まで、本当にたくさんの方々にご協力をいただきながら、さまざまなテーマで専門分野の研究者や企業の方々に参加していただきながら、共に研究開発を進めて参りました。

 

2018年から北海道大学COIに参画し、研究開発を進めてきたことで、社会実装を、北海道岩見沢市と共にチャレンジできる機会を得ることになりました。まさに赤ちゃんから高齢者まで、まちを支える大切な方々の健康に携わる機会をいただけたことは、これからクチトレがどう進むべきなのかを考える大きな力になりました。

 

これからこれまでの経験と知り得た情報の全てを、クチトレイニシアチブ チームでメンバーのインストラクターの皆様と共有し、さらに発展させていきたいと思っています。楽しく元気なチームにしていきましょう。どうぞよろしくお願い致します。

畑中 麻里

 

 

 

世話人 井手 友美

九州大学循環器内科 准教授

 


ごあいさつ

 

より健やかな人生を送っていただくために重要なことは、日常生活の些細な習慣、食事や活動、睡眠、思考に至るまで、本当に一瞬一瞬の日々の生活の積み重ねです。 しかしそれらは、その人の仕事や家庭、好みや体質、そして抱えている疾患など、様々な影響をうけて、何がその人に最も適しているのか、実に様々です。 さらにこの時代、世の中にはかつてないほど多くの情報があふれ、何が本当に良くて自分に合っているのかわからずに、正しい情報を選択できずにいることもしばしばです。

そんな時代、このクチトレは、かなり大部分の方にとって、必要な基本となるトレーニングといえます。 私が考えるクチトレは、“自分の身体をもっと大事にケアすることで、潜在的な生きる力を高めていく”、そんなイメージです。 実際、諦めていたことが変わったり、失われたと思っていた機能が眠りから覚めたり、と変化の内容や程度は人それぞれですが、何かが変わります。 もっと自分を知ってその変化を楽しむ、そんな気楽な気持ちで、一緒にはじめていきましょう。

 井手 友美

 

世話人 上地玲子

山陽学園大学 総合人間学部生活心理学科

准教授


ごあいさつ

 

私は、公認心理師・臨床心理士で,大学で臨床心理と障がい児教育を専門に教えています。障がいのある赤ちゃんに体操指導をしたり,保護者のピアサポート活動をしています。

 

クチトレとの出会いは,2012年6月にかかってきた1本の電話から始まりました。

井手先生からのお電話です。

私は,そのお電話をもらう前から「クチトレ」については興味を持っていて,別の方法で口の周りの筋力アップをするための取り組みについて調べていました。

井手先生から「一緒に研究しよう」と言われて,運命の出会いだと感じました。

そして,2012年6月16日(土)午後に,神戸でお目にかかりました。クチトレについていろいろ教えていただき,とてもワクワクしたのを覚えています。

その後,研究がスタートし,現在まで続いています。

 

クチトレは体に負担がなく,継続実施することで着実に効果が出てきます。

しかし,「継続実施」というところで、つまづいてしまいます。

インストラクターのみなさんが,「継続実施」するためのサポートを根気強く支援してくださることが,何よりも重要です。

 

上地 玲子


組織


クチトレイニシアチブは、「クチトレイニシアチブ チーム」に 登録したメンバー(インストラクター)を主とするチームです。世話人は、運営、研究開発、事業等々のコーディネートを行います。世話人は、必要に応じてアドバイザーを招くことができます。監査及び事務局は、世話人によって選出され、チームの総会によって承認されます。(クチトレアドバイザーは、インストラクター資格認定試験に合格した後、登録することができます。)

クチトレイニシアチブ会則

クチトレイニシアチブ概要


活動


クチトレ 概念と方法の普及


勉強会・セミナー・講座・講演・フォーラム等、開催

人材育成


・アドバイザー認定講座

・インストラクター資格認定講座

・インストラクター資格者研修会等

社会実装


社会に役立てていくことを目的に試験、調査、研究を行い、さまざまコミュニティーに合ったプログラム等の研究開発を行い、社会実装に向けた活動を行います。